特集

2015年総決算特集
~ ゆく年くる年2.5D ~

年末の恒例となっている特集企画「ゆく年くる年2.5D」。今年より「2.5Dソーシャルスコアランキング」として、番組の視聴者数に限らず各プロジェクトページのPV数やSNSの拡散数などを計測し、総合スコアでランキングを作成。上位10プロジェクトを紹介する。


Edit:2.5D編集部

2.5Dソーシャルスコアランキング
集計期間:2015年1月1日〜12月30日

1位#WEBERSTREAM

2位:9nine × 2.5D「F9GBP」

3位:AmaryllisBomb × THE TEST「WEB LIVE」

4位:酸欠少女さユり「夜明けのパラレル実験室」

5位:篠崎愛「AiScream」

6位:MAGiC BOYZの渋谷でチル

7位:チェケラっ超TV

8位:SuG武瑠出演「TOKYO COLOR CONTACT」

9位:PASSPO☆ × 2.5D「GOOD LUCK!! STREAM」supported by Tokyo Girls Update

10位:Faint★Star × 2.5D「Tokyo Sound Collection」

2015年を振り返ると、前年よりも”プロジェクト”という形で中長期に渡り2.5Dと共にカルチャーシーンを盛り上げた番組が目立った。今年、初の1位を飾ったプロジェクトが#WEBERSTREAMで、2014年8月の第0回放送を含めこれまでに18回もの番組を行ってきた。9nineによる「F9GBP」も、過去最長のご長寿番組となっており、毎年上位の成績を収める2.5Dの代表的番組だ。

2015年1月よりスタートし、6位にランクインしたMAGiC BOYZの渋谷でチルも、番組に限らずアーティスト写真やCDのアートワークなども2.5Dで手掛け、定期的に行う番組配信を軸にクリエティブでも連動した1年だった。

4位と5位を記録した、酸欠少女さユりの「夜明けのパラレル実験室」と、篠崎愛の「AiScream」では、ニコニコ生放送(酸欠少女さユり)とLINE LIVE(篠崎愛)という配信プラットフォームを利用して番組配信を行い、ライブストリーミングの移り変わりも感じさせる。

また、3位のAmaryllisBombによる「WEB LIVE」では様々な場面で2.5Dとコラボレートしているメンズアパレルブランド・THE TESTと共に番組を制作し、9位のPASSPO☆との番組「GOOD LUCK!! STREAM」でも、日本のガールズカルチャーを世界に向けて発信するTokyo Girls Updateと共同のコーナー企画などを行ってきた。

音楽、ファッション、メディアといったジャンルを越えて協業し、2.5Dが様々なカルチャーやシーンにアクセスする為のハブ的存在としてポジショニングが確立した1年だったのではないだろうか。

プロジェクトランキングを見て窺えるように、これまで”イベント”という形で行ってきた放送も徐々に形態を変え、よりテレビのような”番組”といった形で構成されるプログラムが増えた1年だった。

その演出の中で欠かすことのできない番組内で使用される楽曲は、国内アーティストを中心にネットレーベルやSoundcloud、bandcampなどでリリースされている作品を使用している。以下、再生回数順でランキングを作成し、「2015年に2.5Dがお世話になった楽曲10選」として一挙に紹介したい。

besttrack_25d
1位Snail’s House「Kirara」|再生回数:136 play|Release:TREKKIE TRAX

2位:In the blue shirt「seven bridge」|再生回数:99 play|Release:FOGPAK

2位:adustam「summer has come」|再生回数:99 play

4位:SoDrumatic「What You Want」|再生回数:97 play|Release:Flirtini

5位:ΔMUNOA「Bright」|再生回数:56 play|Release:TREKKIE TRAX

6位:banvox「VOX」|再生回数:53 play:|Release:セラミックレコーズ

7位:Lolica Tonica「Make me Feel」|再生回数:45 play|Release:TREKKIE TRAX

7位:_yi.「nothing」|再生回数:45 play

9位:Cola Splash「Curry Drinker」|再生回数:44 play|Release:TREKKIE TRAX

10位:USYN「DAISY」|再生回数:38 play|Release:MarginalRec.

まず気づいた点として、10曲中4曲もの楽曲がユースクリエイターチーム・TREKKIE TRAXからリリースされてる作品ということだ。音楽としてクオリティが高いという点以外にも、曲の初めから非常にキャッチーな作品が多く、放送開始や番組スタートのタイミングに音楽でわかりやすく幕開けを演出できるといった実用的な評価も高かった。

2位「seven bridge」、4位「What You Want」、10位「DAISY」なども出だしからハッキリとした印象の楽曲で、場面転換やコーナー展開といった切り替えのタイミングで使用することで番組構成にメリハリをつけることができる。

その他には、2.5D Motion IDでサウンドロゴも制作しているΔMUNOA、_yi.といったアーティストの楽曲や、現在ではエレクトロフェスに多数出演しているbanvoxが2011年にリリースした楽曲もランクイン。池尻大橋時代の2.5Dから使用しているadustam「summer has come」は、番組後半のエンディングで、名残惜しい哀愁を漂わせる空気を醸し出す最適なBGMだ。

新旧織り交ぜつつ、他では見ることができない2.5Dならではのランキングだったが、2016年もどのようなアーティストの優れた楽曲がリリースされるのか楽しみだ。

▶次のページでは、2.5D management所属アーティストに聞く2015年振り返り。
1 2 3Next
2.5D

2.5D

渋谷PARCOのスタジオからライブストリーミングプログラムを発信。 「2.5D」は日本が誇るインターネット上のクリエイティブリソースとエンターテインメントが集結する<ソーシャルTV局>。

http://2-5-d.jp/

株式会社2.5D

株式会社2.5D

新しい日本の独自文化であるポップカルチャーを軸に、これからの時代のエンターテイメントを再構築する<カルチャーデザインカンパニー>です。

http://inc.2-5-d.jp/

2.5D management

2.5D management

新しい個性と才能をもったクリエイターを世に発信し、ひと味違う才能と魅力溢れるタレントが揃うハイブリット芸能企画2.5Dマネージメント。

http://2-5-dmg.jp/