特集

TOKYO IDOL PROJECT たいだん!
~虹のコンキスタドール×福嶋麻衣子 対談~

TOKYO IDOLがお届けする対談企画「たいだん!」。今回は、アイドルを育成するpixivの「つくドル!プロジェクト」から生まれたグループ「虹のコンキスタドール」(以下、虹コン)をピックアップします。虹コンメンバーと、クリエイティブディレクターの福嶋麻衣子氏の対談を実現! 実際は対談というよりも、福嶋さんがメンバーをまとめながら進めるインタビューのようになりましたが、虹コンが一般的なアイドルグループとどう違うのか、これからどこを目指していくのかといったものがわかる内容になっています。「つくドル!」として日々、作り上げられ成長していく虹のコンキスタドール。その魅力に迫るインタビューをお楽しみください。


Interview・Text/荒井敏郎
Photo/Yusuke HOMMA(COLORIST:芳田賢明)

taidan_nijicon_1

虹のコンキスタドールさんは、今の時代に合ったアイドル像を持っているなと思うんです。どのように作られていったのか、福嶋さんも交えて話を聞かせていただきたいです。

一同:おーっ、ありがとうございます!

まず、みなさんはアイドルについてどう思っているんでしょうか?

福嶋麻衣子(以下、福嶋):アイドルヲタクの奥村から……。

奥村野乃花(以下、奥村):私は王道アイドルが好きです。SUPER☆GiRLSの前島亜美(あみた)さんが小学校のときからずっと好きで、それがきっかけでアイドルになりました。真面目じゃないですか、あみたさんて。そんなアイドルになりたいです。

パフォーマンス面とか、具体的に意識する部分は何かありますか?

奥村:あみたさんは、ザ・アイドルなんですよ。私はアイドルヲタクみたいになってしまったので……。

taidan_nijicon_2奥村野乃花

なるほど、ちょっと違うわけですね(笑)。他の方はいかがでしょうか?

一同:……。

福嶋:最近入ってきたメンバーとして、大塚はどう?

大塚望由(以下、大塚):セカンドワンマンライブで発表されて、正式メンバーになりました。私は「つくドル!」のオーディションを受けたきっかけが、審査員の岸田メル先生に直接会ってみたいなと思ったことなんです。あと、虹コンのミュージックビデオとかいつも見てて、可愛いなと思ってて、仲良くなりたいなというか、そういう不純な動機で(笑)。

どちらかというとヲタク寄りで、そこから虹コンに入るという夢が叶ったんですね。

大塚:まさかオーディションに受かると思わなくて、それに正式メンバーになれたことも未だに実感がわいてないんです。これから、足を引っ張らないように頑張ります。

これまでファンとして虹コンを見てきたわけですが、これから自分が入ってどうしていきたいとかありますか?

大塚:私は、アイドルになりたいと思ったわけではなくて、でも、イラストを描きながらアイドルをするというところにすごい魅力を感じて、アイドルとしてもなんですけど、同時にイラストレーターとしても有名になりたいなと思っています。

taidan_nijicon_7大塚望由

そのとっかかりとして、虹コンのメンバーとして頑張るという感じなんですね。福嶋さんからメンバーにこうしてほしいといった要望はありますか?

福嶋:人としてしっかりしてほしいですね。早く人間になってほしいとか、そういうことです(笑)。

基本的にはアイドルというより人を育てるってことですね。

福嶋:そうですね。

お母さんとか先生みたいですね。

福嶋:例えば「髪の毛ってこうやって結ぶんだよ」とか「洗濯ネットという存在があって、洗濯するときはそこに入れるんだよ」とか「人にものを借りたら返さなきゃいけないよね」とか……。

一同:(笑)。

福嶋:アイドルを育ててる感覚はなくて、子育てをしている感覚ですよね。なので、未だにお客さんの前に出すのにヒヤヒヤする感覚があるんですよ(笑)。

いまの福嶋さんの意見を聞いて、メンバーから「いやいや」みたいな反論はありますか?

福嶋:ダメ人間代表として、根本、どう?

根本凪(以下、根本):そうですね、やっぱりものを返すのは大事だと、虹コンを通して学びました。

一同:(笑)。

根本:これまで、友達がいなかったから、ものを借りる友達もいなくて……。それで、ものを借りるっていうのが新しくて……。

貸し借りが新鮮って(笑)。大丈夫ですか?

福嶋:絶対大丈夫じゃないですよね(笑)。日本の未来に不安しか覚えないですよ。これが日本が生んだ平和の代償なのかと思って、虹コンに関わるようになってから政治に興味がわきました。大きな社会問題にぶち当たっているような感じです。

taidan_nijicon_4根本凪

なんだか虹コンのテーマが大きくなりそうですね(笑)。

福嶋:人間として育てることが大変です。陶山なんかやっと人間に近づいてきているけど、まだ人間じゃないもんね。

陶山恵実里(以下、陶山):ここ2、3年外に出てなかったのですが、この活動を始めて週に3、4日とか多いときは毎日外に出ていて、「生きてる」って感じがします。いま数年前を振り返ると一瞬な感じなんですよ。いまはいろんなイベントに出たり人前に出たりする日々で、この1年半ぐらいは小学校6年間より長く感じています。

そういう状況で、なぜ「つくドル!」のオーディションを受けようと思ったんでしょう?

陶山:自分でも不思議に思うんですけど、そのときは頭がちょっと、おかしくなっていたんですよ……。そのときすごく声優になりたくて夢を持ってて、でも声優のオーディションを受ける勇気はなくて、それでいろいろ探してたときにこのオーディションを見つけて……。なんかとりあえずこれを受けなきゃなと思い始めてしまって。人間じゃないのに。

一同:(笑)。

陶山:応募用紙とかも、何を書いたらいいのかわからないからありもしないことを書いて、「人の気持ちを考えられる人です」みたいな変なこと書いた気がする(笑)。

根本:えー、まじ(笑)!?

陶山:オーディションも号泣会見みたいになったり……。

福嶋:ひと言もしゃべれなくて「あっ……ああっ……」だけ言ってるすごい変なやつでしたね。

そこに何か光るものがあったんでしょうか?

福嶋:そうなんですかねぇ? みんな「なんかやばいヤツだぞ」っていう思いだけは共通してました。

taidan_nijicon_5左から陶山恵実里、鶴見萌、福嶋麻衣子

ファンの人たちと話したりする機会も多いと思うんですけど、そのときはどうするんですか?

福嶋:あんまりまだしゃべれないです(笑)。的場とかは、「今日雨だね」って言われたら「うん今日雨だね、今日雨だね、今日雨だね」って3回繰り返して握手が終わるときもあるという。

的場華鈴(以下、的場):わ~(笑)。

ある意味、それがファンにとって新鮮なのかもしれないですね。

福嶋:そうなんですよね。お客さんはそういうのも含めて好きでいてくださっているかもしれないと最近思い始めました。ほんとに正直に言うとおもしろい会話をしてるメンバーはそんなにいないと思うんですけど、「今日雨だね」って会話をしたあとに「にこーっ」と晴れやかな顔をして会場をあとにされるのを見てみると、良かったな~みたいな気持ちにはなるんですけど。

握手会ではよくしゃべる、という人いないんですか?

福嶋:奥村は「うぇ~い」しか言わないし……。

奥村:そうですね。「うぇ~い」しか言わない(笑)。「○○ちゃん可愛いよね」「うぇ~い」みたいな。ただのヲタク同士の会話です(笑)。

福嶋:(鶴見)萌ちゃんはアニメの話じゃないと盛り上がれないんですけど、お客さんのほうが頑張ってアニメの話を仕入れてくださっているのを聞いて……。「萌ちゃんあのアニメすごいよかったよ」「まじで! ほんとに超面白いよねあれ!」って反応を得られて、ああ良かったなって思います(笑)。

そういう意味では、握手会自体も「つくドル!」的になってるわけですね。

福嶋:超良く言えばそうですね(笑)。確かにみんなで作りあげていくというか、お客さんのほうが「つくドル!」です。

taidan_nijicon_6右から中村朱里、大塚望由、大和明桜
虹のコンキスタドール

虹のコンキスタドール

声優・イラスト・コスプレ・振付などさまざまなジャンルに挑むアイドルを育成するpixivの「つくドル!プロジェクト」から生まれた「毎日が文化祭!」をテーマに活動するアイドルユニット。2015年10月24日、3rdワンマンライブ「虹コンなりのハロウィン・ナイト」をShibuya CLUB QUATTROにて開催。11月3日1stアルバム「レインボウスペクトラム」発売決定!