「Back to the Jungle」徹底解説!後編

ヒラサワンダ: なんだっけ、「ジャングルのパーティー感みたいな感じで。」って言ってたんだっけ。そんな曲が作りたいんだけど難航してるって言ってたから、ジャングルのパーティーって言ったらあの曲かなと思い、結構大胆に”ブギー”してしまいました(笑)。あと、スターウォーズってタイトルに付いていたのでヨーダ先生のモノマネをしましたね。

あっこゴリラ: そう! ヨーダの声はワンダさんです!

ヒラサワンダ: 魔人ブーのモノマネが昔から得意で。ヨーダの声もそれに近いものがあるんですよ。魔人ブーのモノマネ行くよ! 「お、お前!嫌い!」

あっこゴリラ: やばい、似てるかわかんない(笑)。

ヒラサワンダ: ここからヨーダのモノマネね。 「You must unlearn what you have learned.」。この言葉ってアッコちゃんにぴったりだなと思って。意味は「覚えたことは全て忘れなさい。」。固定概念とかそういうものはもう全部捨てろと。もう一つ「No. Try not. Do or do not. There is no try.」は「違う、やってみるではだめじゃ。やるか、さもなければやらないかじゃ。”トライ”なんて存在しない。」っていう意味。やるかやらないか。

あっこゴリラ: そうなんだ! そんな意味が込められてたんだ。

ヒラサワンダ: そう。白か黒かって感じ。今回戦場に行くって白黒はっきり決まってるし、あっこちゃんに本当にぴったりの言葉だなと思って。

あっこゴリラ: いいっすね。ワンダさんのそういう想いが入ってるって思うと嬉しいですね。
このEPに関しては、今後のあっこゴリラにおいてどんな曲を出そうが何をやっていこうが、すごく重要なものになる。音楽的にも内容的にも、本当に作って良かったしかない。例えば私がいきなり超関係ないことやりだしても、「アフリカ行って『Back to the Jungle』歌ってるやつだし。」「野生のゴリラに殺されかけたやつだし。」っていうバックボーンが今回で出来たから。これを作る上で色々やって、また日本の見方も東京の見方も変わって。何も間違ってなかったなと思う。このEPはあっこゴリラにとってデカいです。

2017年のやりたいことは?

あっこゴリラ: もうちょっとコンクリートジャングルとリアルジャングルの間みたいなもの……、やっぱりあっこゴリラのテーマがコンクリートジャングルだし都会におけるジャングルをもうちょっと楽しく面白く生きて行くサマを見せたい。これをちゃんと音楽にしたいし次で作りたい。アイデアはいっぱいあるんですけどね……。あー、あと個人的には今年中に歯科矯正のローン全部払い終わりたい(笑)。

ヒラサワンダ: 僕は、あっこちゃんはいろんな人とコラボしてもらって、でも「やっぱりヒラサワンダの音やべぇな!」って思ってもらえるように精進したいです。あと、個人的には今年中に車を買い替えてゴリラ以外の動物を助手席に乗せてピクニックに行きたいですね。

あっこゴリラ: 私は人生においてムツゴロウイズムなんで、もう何ごともやるのが楽しくてしょうがない。人生楽しくなきゃ嫌って思いが強すぎるから、もうどうにかして自分を楽しませてあげたいってことに今年も尽力したいですね。

ページ: 1234

関連タグ:
feature 一覧へ

featureの最新記事