特集

~映像、音楽、ロック、インターネット……多角的に捉える"Applicat Spectra"~
GraphersRock + UKYO Inaba + 吉田恭之 鼎談

現在のバンドシーンでは珍しく、ネット発のクリエイターと積極的に関わり、ロックミュージックとネットカルチャーを融合した取り組みが注目を集めるApplicat Spectra
ロックシーンの中心で活動する彼らのようなバンドがネットシーンのクリエイターと関わりを持つこと自体、今は新しい取り組みにも思えるが、2.5Dにて開催された<Applicat Spectra LIVE STREAM「Netscapes」supported by 2.5D(以下:Netscapes)>で共演したGraphersRockUKYO Inaba吉田恭之らが彼らのMVを制作したという。そこで、共演から制作までを担った三人のクリエイターが捉えるApplicat Spectraとは何か、鼎談形式で話を伺った。


Edit:石井龍(2.5D)/ Photo:谷浦龍一(2.5D)

はじめに<Netscapes>でApplicat Spectraと共演した感想を聴かせて下さい。

GraphersRock:これまではクラブ系アーティストのVJが多かったので、今回のような生演奏のバンドに僕のVJが上手くハマるか心配はありましたが、予想以上に僕の映像とApplicat Spectraの親和性が高かったのが面白かったですね。いつもと違ってあらかじめプレイリストを頂いていたのである程度展開をイメージしていました。

UKYO Inaba:普通のVJというよりも舞台演出に近い……。台本があって、それに沿ってお互い役を演じていくという部分があったような気がします。

吉田恭之:UKYO君の言うように演出に近い部分はあって、セットリストをもとに事前に準備をする。ある意味決め打ち的なVJだったので、これまで経験してきたVJとは少し違いました。

GraphersRock:もともと<Netscapes>が彼らとインターネットの文脈で活動するクリエイターの掛け合わせという趣旨だったので、僕らがApplicat Spectraに寄せるというよりもお互いをぶつけ合うような意識で望んでいましたね。

1 2 3 4Next
GraphersRock

GraphersRock

サイバーパンク、テクノカルチャーをベースにグラフィックワークを展開。 マルチネレコーズ、tofubeatsのアートディレクション、デザインを手掛ける他、メジャー、インディーズを問わず多岐に渡るCDジャケット、 アパレルデザイン、広告媒体等、様々なメディアで作品を制作している。

WEB SITE:http://www.graphersrock.com

吉田恭之

吉田恭之

映像ディレクター。CGディレクションの他、実写や3DCG、プログラミング、作画アニメなどで作品を制作している。

WEB SITE:http://yoshida-yasuyuki.com

UKYO Inaba

UKYO Inaba

映像作家・グラフィックデザイナー。
MVやCM等のディレクション、 オリジナルの映像を制作している。

WEB SITE:http://ukyoinaba.com/#!/