特集

~ 進撃、地図の無い場所へ ~
cinema staff

今年4月からスタートしたTVアニメ「進撃の巨人」。”巨人”という、シンプルかつ圧倒的脅威に対峙する人類を描いた異色作は、人気・注目度ともに他の追随を許さず、2013年ナンバーワンアニメとの呼び声も高い。

そんな本作の後期EDテーマを務めるのが、岐阜出身の新星cinema staff。期待と重圧の中リリースされた『great escape』は、オリコンデイリーランキングにて前作シングル比530%となる着日11位を叩き出す。また有志によってアップされたED映像動画は、非公式ながら累計200万回以上の再生数を計測した。アニメさながらの快進撃を続けるルーキーバンドから今回、作詞・作曲担当の三島想平(Ba.)、久野洋平(Dr.)の二人に話を伺った。


Edit:結城紫雄(2.5D)/ Photo:谷浦龍一(2.5D)



2013年8月21日にリリースされた新曲『great escape』についてお伺いします。今回は亀田誠治さんがプロデュースを手がけていらっしゃいますね。

三島想平:そうですね、きちんと外部の方と共同作業をするのは今回が初めてでした。といっても少し特殊な関わり方で、ゼロから全ての制作を一緒に行ったわけではないんです。僕らが作ったものを亀田さんに提示して、曲を選んでもらったり、削ぎ落とし作業をやったり。今まで僕らは、自分たちとエンジニアだけでずっと制作活動をしてきたので、そこにプロデューサーが入ると、全てが非常にスムーズになりますね。

外部からの影響というのは大きいですか?

三島想平:非常に大きいです。特に僕らは、メジャーに移籍してもインディーのような手法を選んできたこともあって。インディーというかDIYというか、そういった方向性を自分たちで突き詰めて、ある程度の方法論は確立出来たんですよ。しかしどうやっても、アイディアが枯渇する瞬間は避けられない。今回、丁度そういったタイミングで亀田誠治さんにプロデュースしていただけたこともあり、凄く刺激的な経験でしたね。



(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

『進撃の巨人』と同調する歌詞も印象的です。

三島想平:大筋として、アニメ「進撃の巨人」登場人物の心情やイメージを描く、というテーマは一貫しています。作品の世界観を前提に、そぐわない言葉を排除していくところから『great escape』の制作は始まったんですね。でも歌詞を書いているうちに、徐々に作品ではなく自分とシンクロする箇所が出てきたり、「進撃の巨人」以外の世界観であっても、根底のイメージで共通するワードを拾いだしてきた部分もあります。

「進撃の巨人」で好きなキャラクターを教えてください。

久野洋平:僕はミカサ・アッカーマンです。理想的な女性だと(笑)。少し情緒不安定な所以外は結構タイプですね(笑)。

三島想平:僕はアルミン・アルレルト。演出家といいますか、陰の支配者的なポジションに憧れます(笑)。 (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

今挙げていただいたキャラクターと、お二人のバンド内での役割が似ていますね。

三島想平:それはどうかな(笑)。

久野洋平:アルミンが三島っていうのは分かる気がしますね。

久野さんはマンガやアニメに造詣が深いと伺いました。

久野洋平:元々マンガやアニメは大好きなんです。特に「進撃の巨人」は、アニメ化が決定していた時から楽しみにしていましたね。でも、まさか自分たちが主題歌に任命してもらえるとは思わなくて……。凄く興奮しました。

「進撃の巨人」の中で一押しのポイントを教えてください。

久野洋平:立体機動のシーンは、どのシーンでも凄く映えますよね。アニメの情報解禁当初は特に、立体機動のシーンがフィーチャーされてて、むちゃくちゃ格好良かった。あの演出はアニメ「進撃の巨人」の代名詞ですよね。

単なる映像化ではなく、”アニメならでは”の演出が随所に施されていると思います。

久野洋平:そうですね。画面で凄く映えますし、原作に対する愛を感じますよね。

三島想平:期待値が高かった分、ハードルも半端ではなかったと思うのですが、原作ファンからの反響も超良いですよ。例えばアニメ第一話で、下からのアングルで街が映し出されるシーン。そこに超大型巨人が来た時の絶望感は、アニメならではだと思います。映像で観て、原作のイメージがさらに補完される部分すらありますよね。諫山先生のアイディアが、アニメ演出によって具現化するような相乗効果があると思います。

1 2 3Next
『great escape』

『great escape』

cinema staff
発売日:2013年8月21日
品番:PCCA-03900
価格:1,300円(税込)
発売元・販売元:
ポニーキャニオン
Amazonのカートに入れる

TVアニメ「進撃の巨人」 Blu-ray&DVD2巻

TVアニメ「進撃の巨人」 Blu-ray&DVD2巻

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
発売日:2013年8月21日(水)

Blu-rayセル1~2:6,300円(税込)
3~9:7,875円(税込)
DVDセル 1~2:5,250円(税込)
3~9:6,825円(税込)

収録:1~2:各巻2話収録/本編約46分
3~9:各巻3話収録/本編約69分
発売元・販売元:ポニーキャニオン
Amazonのカートに入れる

cinema staff

cinema staff

GUITARS: 辻 友貴
VOCALS+GUITARS: 飯田瑞規
BASS: 三島想平
DRUMS: 久野洋平

オルタナティブ、エモ、ポストロックに影響を受けたセンス溢れるポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギターロックバンド。

OFFICIAL SITE: http://cinemastaff.net/topics/