特集

東京アイドル百景
~Especia~

第一線で活躍するアイドルたちと”東京のゆかりの場所”をクロスオーバーさせる連載企画「東京アイドル百景」。多岐にわたる彼女たちの活動を通して、現代のアイドルから見たアイドルシーンの景色が感じられるはず。
今回は、大阪「堀江系ガールズグループ」としてデビューし、ディスコミュージックを中心にしたサウンド、ファッションなど、80年代を彷彿とさせる独特のコンセプトで活動するEspeciaが登場。2015年2月18日にVERSIONMUSICよりミニアルバム「Primera」でメジャーデビュー。7月22日にはメジャー1stシングル「Aviator/Boogie Aroma」をリリースし、10月4日からは23カ所をめぐるツアーを開催するなど、その勢いを大阪/東京から全国へと広めている。ツアーファイナルとなる2016年1月17日には、新木場STUDIO COASTにてフルバンドによるワンマンライブを開催。そしてフルバンドでのワンマンライブは、今回の撮影・取材場所となった渋谷のTSUTAYA O-EASTにて行われた「“Mucho GUSTO Especia” 2014 Tour -Viva Final-」以来。そんな思い出の地、渋谷(東京)とは彼女たちにとってどのような街なのだろうか?

Interview・Text/荒井敏郎
Photo/Yusuke HOMMA(COLORIST:芳田賢明)

idolhyakkei_especia1

【東京って仕事の場所って感じで、一度も遊んだことがないんです】

「東京アイドル百景」のコンセプトは「東京とアイドル」 ということもあり、今回は渋谷で撮影させていただきました。渋谷の印象はありますか?

三ノ宮ちか(以下、三ノ宮):とにかく人が多いなって思います。信号待ちしていると、信号が青になった瞬間に向こうから人が押し寄せて来るし、自分らも進まないかんし、戦いに行くみたいになってる(笑)。どっちによけよう? みたいな。

冨永悠香(以下、冨永):人もそうだし、お店もたくさん集まっていて、いろんなお店が集結している感じ。

脇田もなり(以下、脇田):ビルが高い。

三ノ宮:地震起きたら倒れてきそう。

そのあたりは大阪でも同じですよね?

脇田:そうなんですけど、渋谷はすごくギュって敷き詰められている感があります。

三ノ宮:道幅とかも若干狭く感じる。

森絵莉加(以下、森):私は京都に住んでるんですけど、京都は高い建物がないんですよ。だから、大阪も高く感じるし、東京はさらに高く感じます。

そうなんですね。東京に来られる機会も増えていると思うのですが、東京で遊んだりしますか?

冨永:ちょっとご飯食べに行くくらいですね。みんなでご飯食べて、ホテルに帰る……。

三瀬ちひろ(以下、三瀬):休憩場所になってます。

脇田:いまさらどこで遊んだらいいのかわからないです。結成当初からあんまり渋谷で遊んだことがなくて、ほんとに仕事の場所って感じだから、どこで遊んだら楽しいのか逆に教えてほしいくらい。

森:空き時間は、タピオカ買いに行ったりドンキに行ったりするくらいですね(笑)。もうだいたいやること決まってて……。

冨永:東京ならではってことしたいんですけど、下町とかですかね?

森:そうすると、電車で行かなくちゃですね(笑)。

三瀬:電車もめちゃくちゃ人が多い。

脇田:あ、電車のつり革が三角でビックリしました。大阪は丸なんですよ。

冨永:そうそう! あと、大阪ではない位置につり革があります。

森:どういうこと?

冨永:大阪だとシートと同じラインにしかつり革がないんですけど、東京はドアの入ってすぐのところに正方形につり革があって、あれが人が多い証拠だって思いましたね。

大阪ではないんですね!?

冨永:ないです。見た事ない。

森:全然きづかなかった。

idolhyakkei_especia2左から脇田 もなり、冨永 悠香

エスカレーターの立ち位置も逆ってありますよね。

森:東京と京都は一緒なんですよ。

脇田:兵庫と大阪が右。

冨永:あれ、意外と間違えなくない? 東京に来たらスッと左に立ってて、自分すごいなって思った。

三瀬:こないだ大阪帰ってきたとき、誰か間違えて左に立ってて「あ、違うわ」って思ったよ。

冨永:それ私かもしれん。「東京に染まってる」ってリプでもらった気がする(笑)。

もっと東京に染まっているのかと思ってましたが、そんなことないんですね。

冨永:東京に遠征するようになって3年になるんですけど、ほんとに遊ぶ場所とかは知らんよな。

脇田:教えてほしいです。

森:外に出たいです。

三ノ宮:いまだに東京タワーとかスカイツリーが車から見えると「ワー!」ってなる。

冨永:ちか、いっつも来るたびに写真を撮ってるんですよ。もうええんちゃうかなって思うんですけど……。車の中でテンション上がってるんです。

三ノ宮:特に夜見ると、いまだに綺麗やなって思って、ほかのメンバーはもう若干慣れてるので(笑)。

idolhyakkei_especia4三ノ宮 ちか

【堀江系グループですけど、アメリカ村のほうがなじみがあります】

では、地元の堀江についてどうですか? 大阪の堀江ってどんな場所なんでしょう?

三ノ宮:実は私たちも普段は全然行かないんです(笑)。Especiaをやり出して、堀江って言う場所で月一でワンマンライブをやらせてもらうようになってから知って、オシャレだなって思ってました。家具屋さんが多くて、東京だと代官山に似てるかなって……。明らか服屋さんじゃないやろっていう感じの服屋があったりとか。

冨永:こないだ、5人で堀江のオシャレなカフェに行ってご飯食べたよな。結成3年になるし、そろそろ堀江のこと知ろうかって(笑)。

三ノ宮:どうしてもすぐアメ村(アメリカ村)に行っちゃうので。

冨永:アメ村のほうがなじみがありますね。よく行くたこ焼き屋さんがあったりとか……。

やっぱりそうなんですね。堀江が代官山みたいだって聞いたときに、ちょっとEspeciaのキャラクターとは違うんじゃないか? って思いました(笑)。

三ノ宮:オシャレなカフェに行った堀江散策の日も、みんな財布だけしか持ってなくて浮いてたよな。

脇田:堀江は男の人が多いなって思います。若い人だけじゃなくて、いろんな世代の人がいて、みんなむっちゃオシャレ。

森:小型犬連れて散歩、みたいな。人通りも少ないし。

脇田:堀江もこれから勉強しなくちゃです。

三ノ宮:アメ村なら毎日行ってるから案内できるんですけんどね。

森:案内できるな。美味しいところとか。

では、アメリカ村は東京で言うとどこに近いですか?

冨永:渋谷に近いかな? ちょっと違う?

脇田:原宿かなぁ?

三ノ宮:古着屋さんが多いな。

三瀬:てか、どこまでがアメ村なん?

森:めっちゃ狭くない?

脇田:三角公園(御津公園)があって……。

森:マクドら辺までか? アップルら辺。

脇田:あそこはアメ村に入るんや。三角公園の周り半径何キロとかかと思ってた。

とりあえず、アメリカ村は三角公園が中心なんですね(笑)。

全員:そうです。それが中心です。

森:その周りにお店があるんです。

冨永:公園に若い子が座ってて、B-boyみたいな男の子がいたり、派手な女の子がいたり……。みんなライブの終わりでくつろいでいたりします。

三瀬:ライブハウスも多いよな。

三ノ宮:そういう意味では渋谷に近いかも。

idolhyakkei_especia6三瀬 ちひろ

大阪も場所によって、それぞれ雰囲気などが違ってくるんですね。Especiaさんも独特な世界観があって、80年代とか前の時代をコンセプトにしている感じがありますが、みなさんはそこに触れてきていない世代ですよね?

森:そうですね。だからはじめはコンセプトとかも全然わからなくて、曲をもらった時点では聴き慣れていないから「なんだこの曲」ってなってました(笑)。「かっこいい」ってよく言われてたんですけど、果たしてこの曲は本当にかっこいいのか? って思うくらい謎に満ちてたんですよ。でもやっていくうちにこれはオシャレだって気づくようになってきたし、ファンの方が言っている「アーバン」とかの言葉が合うんやなっていうのがわかってきたっていうか……。衣装とかも、昔にこういうファッションが流行ってて、それをいまふうにアレンジしてくれているんだってわかったのはしばらく経ってからですね。

脇田:そのコンセプトに慣れてきて、それが当たり前になってしまったって感じですかね。ほかのアイドルさんを見るようになってから、私たちは違うんだなって思うようになりました(笑)。

冨永:それまでAKBさんとかは知ってたんですけど、そんなにアイドルさんを知らなかったので、対バンライブとかに出させていただくと、自分たちは違うんだってことを身にしみて感じましたね(笑)。

脇田:みんなコールとかで盛り上がってたりするけど、Especiaの曲はゆったりしてるので……。

三ノ宮:徐々にこういうかたちになったんじゃなくて、最初からこのかたちで、可愛いアイドルさんたちがいる中にボンと出されたので(笑)。

ファン層も全然違いますしね。

脇田:最初は帰られちゃったりとか。

冨永:いまでも全然あります。

森:寝てたりとか。

冨永:今日も子守唄になってるなぁって(笑)。

森:「何この子ら?」みたいに思われたりとか。

三ノ宮:でも3年やってきたので、やっとEspeciaっていうのが浸透してきて、「この子たちがEspeciaなんや」って感じで見てくれる人も増えたので、だいぶやりやすくはなりました。

冨永:そうですね。それに、どこのジャンルにも属さないものなので、そこはウリだなって思いますね!

idolhyakkei_especia5森 絵莉加