特集

編集部パワープッシュ
アイドリング!!! 関係者コメント
青明寺浦正(風男塾)/根岸愛(PASSPO☆)/バニラビーンズ

「現在進行形で成長するアイドル」として番組内外で活躍してきたアイドリング!!!。2015年10月31日(土)をもって全員卒業することが発表され、10月5日(月)には集大成となる最後のナンバリングライブも行われました。

TOKYO IDOL編集部では、2006年の結成から現在まで、メンバー、番組関係者を含むアイドリング!!!チームのインタビュー、関わりの深い著名人からのコメント、吉田尚記氏による9年間の総括記事の3大特集にてアイドリング!!!の軌跡を辿ります。

第4回目はアイドリング!!!関係者コメントとして、第1回目のTIFから”戦友”として切磋琢磨し合ってきたアイドルから、風男塾の青明寺浦正さん、PASSPO☆の根岸愛さん、バニラビーンズのレナさん、リサさんのコメントをお届けします。


pp5_uramasa1
青明寺 浦正(風男塾)

アイドリング!!!さんとは結成が同じ年で、6年前のTIFからは毎年色々コラボさせていただいている戦友のような関係です。

初めてTIFでお会いした時はとにかく「テレビで見ていたアイドルさん!」という感じで凄く緊張していたのを覚えています。
最初に仲良くなったのはYGAさんの曲でコラボしたフォンチーで、同じファンの方に推していただいていたというのが話すきっかけでした。

そのきっかけが無かったら話せなかったと思うのでホントファンの方に感謝です。

まいぷるとは毎年ジャンボリーアンコールで燃え尽きる仲で、TIFが終わってから一緒にご飯を食べに行って色々アイドルについて語ったりしていました。

今回全員卒業と発表された時、数少ない同期の仲間が減ってしまうということは悲しかったけど、今までの卒業生の方たちも色々な新たな道で活躍しているので、これからも仲良くしたいし、また共演することができるようにお互いに頑張れるような存在でありたいなぁと思います。

実はアイドリング!!!さんの曲の中で『MAMORE!!!』が一番好きで毎年ひっそりTIFでコラボできたらいいなと思っていたのですが残念ながら今年までにはできなかったので、いつか風男塾でカバーしたいと願っております。その時はファン様の皆様にも見てもらって沢山コールしてもらえるように頑張ります!

青明寺 浦正(風男塾)
誕生日:6月2日生まれ
出身地:神奈川県
とにかくやんちゃな中二病の神。
常にやる気120%で突っ走る為、空回りすることも多く、「マサる」という専門用語が生まれるほどである。
プロレスやアイドルにおいては他を寄せ付けない圧倒的な知識を誇り、「ウラマサーチ」と呼ばれる彼独特のリサーチ能力もある。

pp5_negishi1
根岸 愛(PASSPO☆)

私は高1で事務所に入り高2でアイドルになりましたがアイドリング!!!のことは事務所に入る以前からテレビ番組で見て知っていました。PASSPO☆になってからTIFを始めアイドルイベントでの対バン、番組での共演等でよく顔を合わせてました。かえぴょんとくるみんは舞台で共演して、2人とも割とアイドリング!!!の中でもふわふわしてて「かわいいなぁ」と思いました(笑)。三宅ひとみちゃんも舞台で一緒だったのですが、役が面白かったこともあり「綺麗な人が面白いことするのは本当に面白いなぁ」と、今でも思い出します。

番組を見て思うのは本当にアイドリング!!!のみなさんは全員が身体を張って笑いを取りに行くこと。個人的にツボなのは横山ルリカちゃんや大川藍ちゃんのモノマネや変顔。普通のアイドルグループであれば、そんな体当たりなことはしないであろう2人が全力で面白いから「アイドリング!!!ってほんとすごいなぁ」と思うんです。印象に残ってるライブは、やはり武道館ライブですね。解散が決まっているからこそみんな本当にキラキラして、ちゃんと見る機会は少なかったけど、「絶対に今が一番みんなキラキラしてるなぁ」と思いました。でも、あまりしめっぽくなく笑ってお別れしたのはアイドリング!!!だからこそですね。升野さんの弾き語りは秀逸でした(笑)。

やっぱり全力で面白いことをやきりってる姿は本当に見習いたいですし、一緒にアイドル戦国時代を戦ってきた身としては、正直そんなグループがなくなるのは寂しいです。アイドリング!!!さんの残してくれたものを、これからのアイドルがしっかり引き継がなきゃいけないと思いました!

根岸 愛
ニックネーム:あいぽん/担当カラー:白/出身地:埼玉県の奥地/誕生日:1992.9.27/星座:てんびん座/血液型:B型/長所:許容範囲が広い。口が固い。/短所:優柔不断。/趣味:ゲーム/ひとり○○/特技:ピアノ/弱点:眩しいのが苦手/身長:162/体重:秘密/視力:2.0/足のサイズ:23.5cm/利き手:右利き/好きな色:白/ピンク/ラベンダー/好きな食べ物:SUBWAYのサンドイッチ/カフェ飯/海鮮/嫌いな食べ物:ない!/好きな飲み物:豆乳/好きな動物:ねこ/好きな音楽:ゲームのサントラ/好きな場所:家/カフェ/好きな季節:夏/秋/好きな言葉:目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ!/尊敬する人:ロイド・アーヴィング/得意料理:デザインクッキー/得意科目:国語/苦手科目:歴史/口癖:もちもち/愛読書:ゲームの攻略本/だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群/平均睡眠時間:5時間/いつも持ち歩いているもの:ポータブルゲーム

pp5_vb1
バニラビーンズ

アイドリング!!!の皆様ご卒業おめでとうございます。
こんにちはバニラビーンズのレナです。
アイドリング!!!さんとはTIF(東京アイドルフェスティバル)で初回からご一緒させていただき沢山の時間を共有し、夏の思い出をいっぱいいっぱいつくらせていただきました。本当にありがとうございました。

TIFの初回はフェスを0からつくるという事でスタッフさん、アイドリング!!!さん、そして出演アイドル達が一丸となりTIFを作り上げたので、すごい結束力でしたね!私にとってもアイドル人生の中で一番思い出深いシーンでもあります。
そんなアイドリング!!!さんが全員卒業という事は本当に寂しく残念でなりません。アイドリング!!!さんの歌がこの先聞けなくなると思うだけで涙が流れます。

そんな戦友でもあるアイドリング!!!さんが今のアイドル界からいなくなるということは「平成のアイドル戦国時代は終わった。」と、わたしは言いきれます。

約1年先輩のプロアイドルのアイドリング!!!さんとともにアイドル戦国時代を戦ってきた私達バニラビーンズも実は…解散の危機に立たされています。
次回作のシングル&アルバム出荷枚数15000枚に達成しなければ「解散」というノルマをかせられてしまいました。

はじめは大人達がつくりだしたアイドルグループかもしれない。でも女の子が表に立ちあたりのきつい風も一番前であび、人生という大切なものをかけてたたかう。その姿を一番近くて見続けて必死に応援してくれるファンのみんながいる。きっとアイドリング!!!のメンバーさんもこう思っている方いると思います。
だから私達バニラビーンズは、その思いを背負いこれからもこの業界で戦い続けて行かないといけないと思います。
戦友の想いを胸に。

最後まで読んでくださった皆様ありがとうございました。(バニラビーンズ レナ)

アイドリング!!!の皆様、ご卒業おめでとうございます。

アイドリング!!!のみんなは同期も先輩も後輩もいない私たちバニラビーンズにとって、初めて出来た仲間であり、戦友です。
2010年のTOKYO IDOL FESTIVALからずっと毎年夏はアイドリング!!!のみんなが一緒でした。
振り返ったらキリがないほど、熱い夏を過ごしてきました。毎年TIFの最後のアンコールステージで体力ゼロになるまで思いっきり騒ぐのがいつも楽しみだった。みんなに会える夏が大好きでした。

本当はとってもとっても寂しいです。いつまでも一緒に走り続けられると思ってた。
当たり前のことなんて何ひとつとしてないのですね。最後に武道館に立つ戦友の姿をこの目で観ることが出来て本当に嬉しかった。ずっと忘れないです。
これから、それぞれの道に進む大切な戦友たちを心から応援します!!
私たちは勝手に…このアイドル界をまだまだ盛り上げて行くべく、もうちょっと頑張ってみます、踏ん張ってみます。誰にも頼まれてもいないけれど、みんなの想いも抱えて。

アイドリング!!!という、最強で最高のアイドルがいたことを誇りに思います。同時代を一緒に駆け抜けてきた、大切な仲間。とびきり素敵な女の子たちがいたことを伝え続けます。

アイドリング!!!でいてくれてありがとう。
みんなは最後まで職業:アイドリング!!!を魅せてくれました。

これからもずっと戦友ね。(バニラビーンズ リサ)

バニラビーンズ
北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系アイドル”。
数々のユニークなプロモーションを行なう“実験型アイドル”でもある一方で、ビジュアルとサウンドは一流クリエーター達の手によって徹底的にオシャレに作られており、アーティストや有名クリエーター達からの支持も厚い。
また抜群のトーク力と、 “アイドルオタク”と“リアルセレブ”というメンバー2人の持ち味を生かし、テレビ、ラジオ、WEB等のパーソナリティーやイベント司会等でも活躍中。
2011年6月、徳間ジャパンコミュニケーションズから、タワーレコードの新レーベル「T-Palette Records」に業界初のレンタル移籍を行い、現在同レーベルで活動。
2012年12月から自主企画の対バンライブを定期的に開催。
6月18日には「バニラビーンズが歌う“コップのフチ子”公式ソング」が11枚目のシングルとしてリリースし話題を呼ぶ。
11月11日には12枚目のシングル「有頂天ガール」をリリース。
井上大輔氏がwink用に書き下ろした幻の楽曲を歌唱。
バニラビーンズが歌う2014年版応援歌として蘇る。
さらに今回のテーマは80年代リバイバルにも挑戦している。
2014年12月18日にはワンマンライブ@リキッドルームをチケットSOLD OUTの超満員にて開催。
2015年2月3日に約2年ぶり4枚目のアルバム「バニラビーンズⅣ」を発売。
5月8日、8月29日ワンマンライブ@渋谷clubasiaチケットSOLD OUTの超満員。
10月3日にデビュー8周年を迎え、11月18日(水)にエイベックスからのトリプルA面シングルと来年アルバムリリースを発表。
シングル及び来年発売のアルバムの出荷枚数が1.5万枚に達しなかったら、ユニットの「解散」も同時に発表。
「解散」を阻止するべく、また、多くの人に届けたいと「攻め」の姿勢でエイベックスと共に取り組むバニラビーンズを音源とともにこの機会にチェックしてほしい。
11月21日(土)にはワンマンライブ@東京・渋谷 clubasiaが決定している。