特集

編集部パワープッシュ
アイドリング!!! チームインタビュー
~外岡えりか 横山ルリカ 朝日奈央 鈴木ディレクター 編~

「現在進行形で成長するアイドル」として番組内外で活躍してきたアイドリング!!!。2015年10月31日(土)をもって全員卒業することが発表され、10月5日(月)には集大成となる最後のナンバリングライブも行われました。

TOKYO IDOL編集部では、2006年の結成から現在まで、メンバー、番組関係者を含むアイドリング!!!チームのインタビュー、関わりの深い著名人からのコメント、吉田尚記氏による9年間の総括記事の3大特集にてアイドリング!!!の軌跡を辿ります。

第6回目は、1期生として初回から番組を引っ張ってきた横山ルリカ、外岡えりかの2名に、2期生として途中から加わった朝日奈央の3名のメンバーと、鈴木麻美ディレクターによる対談を実施。番組スタート時の思い出や現在の心境などを聞きました。


Interview・Text/荒井敏郎

pp6_zadankai9

【最初は真正面からぶつかる”マジな言い合い”も多かった】

初期からのメンバーさんということで、番組始まった当初のことを中心に思い出話をしていただきたいです。何か覚えているエピソードとかありますか?

鈴木麻美ディレクター(以下、鈴木D):1期の最初がギクシャクしてたのは知ってた。ギクシャクしてたよねえ(笑)? 9人が会った最初のころとか……。

外岡えりか(以下、外岡):えっ、あったっけ……? 私全然感じずに生きてきた(笑)。

鈴木D:ほらよくさ、部屋にパッて入ると2つのグループに分かれてるっていう……。

外岡:ああ、俗にいう「加藤(加藤沙耶香)派」と「小泉(小泉瑠美)派」ですね(笑)。帰る方向とご飯に行くメンバーで構成されたグループですね。

鈴木D:雰囲気的に、今日はこことここが揉めてるのかな? っていう(笑)。

外岡:揉めてるのはめちゃめちゃあったね。でもだいたい、加藤派は平和で小泉派はいつも揉めてるっていう……。だから、私がいたこっち(加藤派)は結構笑って見てました。

横山ルリカ(以下、横山):小泉派だったので、いやほんといつも助けてほしかった……。

鈴木D:何かあったときは、リハですごいわかるんですよ。顕著に出る。

横山:あー、それはすーさん(鈴木D)目線だ!

鈴木D:リハのときに、いつもこっちにいる子がここにいる! とか(笑)。でもまぁ、女の子同士の揉め事については大人は知らないほうがいいか、自然に仲良くなるだろう、と思って、遠くから見ているっていうのはありましたね。だから、大人たちはわりと「あの子たち今日は揉めてるね」とか思ってました。

横山:そうなんだ……。

外岡:ただ、揉めてる人たちはメンバーの前で揉めてくれるんですよ。陰口とか裏でなんかあったとかじゃなくて、ほんとに目の前で文句を言い出すから、すごくわかりやすかった(笑)。こことここで喧嘩したんだ、みたいな。

pp6_zadankai6

横山:わかりやすかったよね。

外岡:ある意味仲良かったのかな(笑)。

鈴木D:結構マジな言い合いも多かったよね。9人のときは元気だったというか……。

横山:マジな言い合い(笑)。むしろそっちのほうが多かったかも。

外岡:ぶつかってましたね、正面から。

朝日奈央(以下、朝日):(ボソッと)それすごいな……。そういう揉め事あったときは、とんちゃん(外岡えりか)とルリカさんは見てる側ですよね?

横山:いや結構巻き込まれてたような……。

外岡:ルリカは小泉派だったから巻き込まれることが多くて、私は加藤派だったからそれ見て笑ってた。

横山:私がズミさん(小泉瑠美)がケンカしてたときも……。

朝日:え!? ルリカさんと小泉さんが!?

横山:そうそう、さや姉(加藤沙耶香)とかとんちゃんとかまいぷる(遠藤舞)はクスクス笑ってて……。

外岡:そうそう。でもクスクス笑ってるのがバレるととばっちりくるのわかってるから、隅に固まって「クスクスッ」って。

横山:私にはバレてたけどズミさんにはバレてなかった。

外岡:ズミさんにだけはバレたらいけない(笑)。

朝日:バレたら大変そう……。

横山:いやほんと理不尽なんですよ、言ってることが。ライブに行くときに駅で待ち合わせして、フォンチーとズミさんと私の3人で「待ち合わせて行こう」っていう話になったんですけど、時間になってもズミさんだけ来ないから「先行ってるね」ってメールしたんですよ。で、電話もしたんですよ。でも出なかったしメールの返事も来なかったら仕方ないって先に行ったんですよ、遅れても困るし……。そしたらあとから来たズミさんに「てめえ何先に行ってんだよ!」ってめっちゃ怒鳴られて……。

朝日:マジですか……(笑)。

横山:普通遅れたら「すいません」じゃん、まずは。お前の入り方なんだ!って話になって、私が怒って。
でもフォンチーは関係ない人みたいになってた(笑)。

外岡:そうそう、最初はフォンチーも入ってたんだけど……。すごいそれ覚えてて、なんかそこが縦長の楽屋でみんなわりと真ん中らへんにいたんだけど、ズミが威勢良く入って来たもんだからみんな一斉に奥に寄ってって……。その当事者の3人が右寄りにいて、フォンチーも最初はそっちにいたんだけどだんだんこっち側に来て一緒に笑ってた。

横山:「私関係ないです」みたいなエリアにフォンチーが行き始めて……(笑)。

朝日:考えらんないです、ルリカさんと小泉さんが喧嘩って。

それだけ若かったってことですかね(笑)。仕事に影響は出なかったんですか?

鈴木D:それライブ当日とかだったよね。

外岡:そう! ペアでやる日だった。

横山:ペアでSPEEDさんの曲をカバーするっていう(笑)。まとまんなきゃいけない日なのに喧嘩して、でもリハは、私は仕事だからちゃんとやりたかったの。怒っててもコンタクトは取ろうと思って「ここはこうしようね」とか言ったんだけど、(プイっと横を向く)みたいな感じで超シカトされて……。本番はあの人ちゃんとやってたけど。

朝日:ハハ(笑)。さすがですね。

鈴木D:そんなことやってた1期生がいたってことだよね、今思うとね。

外岡:よく考えたら年齢層すごいじゃん。だってさ、入って来たとき下から2番目で、みんなお姉ちゃんたちだったのに、対等に言い合ってたあの関係性すごかったよね。

横山:確かに「お前が謝れ」とか「お前が一番悪いんだよ」とか言い返してた(笑)。今そういうことやる破天荒な子いないじゃん。

朝日:いやいないですよ(笑)。

外岡:特殊だったねぇ。濃かったねぇ(笑)。

朝日:友達にもいないですよそんな人。

外岡:だからエピソード出すときもそのへんからのが多いよね。

pp6_zadankai3

【1期生さんが濃すぎて……(笑)】

そうした時代のときに、朝日さんなど2期生はポンと新メンバーとして入ってこられたわけじゃないですか。

朝日:やー、じゃぁだいぶ落ち着いてきたころに入ってきたんですかね。

横山:落ち着いてはないよ(笑)。

朝日:忘れてるんですかね(笑)。でもリハ中に滝口(ミラ)さんと小泉さんが言い合いになって……。

外岡:だいたい小泉さん滝口さん。

横山:その2人がだいたいね。

朝日:で、だいぶ空気が悪くなって、先生が「こんなんじゃリハできないから」って怒ってたのは覚えてますね。

横山:でも「なんでウチだけこんな怒られんねん」とか言ってた(笑)。ズミさんも「なんかさぁ、村上先生、私だけ怒るんだけど」とかってキレ始めて。

朝日:どっちもどっちなんですよね(笑)。

鈴木D:よく怒られてたねえ(笑)。あとミラっちょがよく泣いてたのを覚えてる。「大丈夫です」とか言って泣いてて、全然大丈夫じゃないでしょっていう。

外岡:泣いてたかも。なんで泣いてたの? 全然覚えてない。

横山:なんかスタッフさんとかに言われたことを自分が器用に対処できなくて、そのフラストレーションで泣いちゃってた。それで泣きながらバッグから納豆取り出して食べてた(笑)。なんかいっつも持ち歩いてて、バッグに納豆とかヨーグルトとかいっぱい入ってた。

鈴木D:発酵食品ばっかりだね(笑)。

外岡:1回さ、なんか変なタッパー出てきたよね。

横山:腐ったキャベツみたいなね(笑)。バッグの中からタッパー取り出して、たぶんキャベツかなんかなんだけど、なんか流行ってたんだよねキャベツ食べるとダイエットになるみたいなのが。それをミラがやってたんだけど、明らかに異臭がして、「それ腐ってない?」みたいな。当時は楽屋もなくてスタッフルームを使ってて、メンバーもスタッフさんも狭い部屋で一緒だったから、「臭くない?」みたいな(笑)。でも、「全然おいしいけど」とか言って食べてた。

外岡:なんかいろいろと腐ってたよね。

朝日:1期生さん濃すぎてもう……。いや良かったです。1期生さん好きですけど全員……。最後まで残ってくれたのがルリカさんととんちゃんで良かったです。もし滝口さん小泉さんだったら大変なことになってたなと(笑)。

pp6_zadankai8

【入るのはひとりって聞いてたのに、扉開けたら9人並んでて】

確かにそうですよね(笑)。では、後輩が入ってきたタイミングっていうのはどんな感じだったんですか? 1期生がそこまで仲が良いと、いろいろとありそうですよね。

外岡:なんか、ずっとこのメンバーで行くんだろうなと思っていた矢先の出来事だったので、ビックリはしますよね。今だったら大人だから「あ、そうなんですか」ってなって、変化を受け入れやすいと思うんですけど、当時は16歳だったので、衝撃!っていう。すごい覚えてる。こういう大きい部屋で、最初は入るのはひとりって聞いてて、こういう子で、この子が入るとアイドリング!!!にこういう効果があって──みたいな話を聞いてたんですけど、扉開けたら9人並んでて、中にはサングラスしてる子もいるしで「なんじゃこりゃ」と思った。

横山:ミシェル(未来)ね(笑)。人数が多いなとは思った。2、3人だけかと思ってたら、同じくらい入るんだなと思って……。

朝日:私が1期生だったら嫌ですよ。絶対嫌だって。「これでいく」っていう絆とかもあるじゃないですか。そこに9人も入って、どうすんの?って思いますよね。

横山・外岡:(笑)。

朝日:すごい今、共感しました! 共感というか、想像して……(笑)。自分が入ってきた時に、1期生のオーラがすごかったというのは覚えてます。

加入時のお2人のイメージはどうでしたか?

朝日:その中でも清楚なメンバーっていう印象はありました。他が……ね(笑)。

全員:(笑)。

横山:確かに。でも、奈央ちゃんはこんな明るい子だと思わなくて、初対面はめっちゃ暗くなかった?

外岡:暗かった。

鈴木D:オーディションもめっちゃ暗かった(笑)。全然しゃべんなくて、で、当時の演出のよしたかさんが、「この子は絶対入れるべきだ」って言って、選ばれて入ったんですよね。

外岡:良かったじゃん

朝日:えー、よしたかさんいて良かった~、あぶね。私もよく、あんなどうしようもないオーディションで入れてくれたなって思う(笑)。

鈴木D:全然しゃべんないし暗いんですよ。他の子は自己アピールがすごいのに、ずっと下向いてぼそぼそ言ってて……。

朝日:いや緊張してたんですよ。テレビとかも出たことないし。で、オーディションした会場がV5スタジオとかでめちゃめちゃ広くて、目の前でSMAP×SMAPの収録とかしてるし、「すごいとこ来ちゃった」と思って……。

横山:他の子が明るい中で暗かったから、逆にそれが目立ったんじゃない(笑)?

朝日:マジですか……。

外岡:1期生が2期生を紹介するときに、私が奈央担当で、紹介してあげたいし、自分もそんなにトークがうまくないから頑張ろうって思っていろいろ聞いてんのに全然答えてくれなくて! 「特技とか好きなものとかある?」「いや、ないです……」みたいな。「は!? ない~~~!?」「え、どうしよう! この子なに!?」って。「なかったら言えないじゃん!」みたいな(笑)。

朝日:いや覚えてます。よしたかさんととんちゃんと3人で……。いやほんと申し訳ない……。

外岡:他の2期生が結構しゃべってて、いい感じに打ち合わせも進んでたから、「ここだけ変な感じになる」と思って焦ってて、でもほんと今の奈央からは想像できない。

朝日:ほんとは元気なんですけど、なにせ初めてのことばかりで、私なんかがしゃべっても盛り上がらないって気持ちになっちゃって……。全然前に出れなくて、入って半年くらい経ってようやくいろいろしゃべれるようになったんですけど……。

鈴木D:確かに、2期生はよくしゃべる子が多かったから。

朝日:そうなんですよ。初めての顔合わせのときにメンバー見て「こりゃダメだ」と思って、その日の日記に「これからやっていけるか不安だ……」って書いたのをすごい覚えてますね。自分がダメ人間だと再認識しちゃった感じで。

pp6_zadankai1