特集

女子コレクティブ2 vol.4 ~ バレンタイン直前SP ~
番組レポート

ソーシャルTV局2.5Dが送る”異ジャンルスーパー女子会”番組こと「女子コレクティブ」が、番組タイトルに”2″と付け加え、新たなメンバーとともにパワーアップして再始動。
2015年1月22日、新年一発目の「女子コレクティブ2 Vol.4」を放送。今回は2月ということでバレンタインデーにちなんだトーク! これぞ女子会なトークを繰り広げた。

前回お休みしていた南波志帆が今回はしっかりカムバック。南波「別に嫌になったわけじゃないですよ」とスタッフも安心の一言から番組がスタートした。今回の女子コレメンバーは古関れん、永原真夏(SEBASTIAN X)、ちゃんもも◎、スパイク。前回の感想を聞かれた古関は「すごく嫌でした〜」との本音に会場は爆笑。前回の企画、MC争奪バトルに対して「私は進行なんかやりたくない!」とばっさり。

DSCN0960

今回の女子コレは、バレンタインデー直後の2月16日放送ということで、バレンタインデーにちなんだ企画が目白押し。

一つ目のコーナーは「きゅん-1 GP!!」。バレンタイン、ホワイトデーの理想のきゅんとするシチュエーションを妄想し、発表。南波が採点していく。ポイントが高い人にはチョコの贈呈の特典が! スパイク・松浦は「妄想の全てが私のパワー」とかなりやる気な中、古関は「私これすごい嫌なんですよ~」と、またもスタッフ泣かせな一言を嘆くも参加。

2

古関は「バレンタインデーは、外は混んでるから家から出ない。家で料理を振る舞って私なりに頑張るバレンタインデーにする」と、かわいらしいシチュエーションの提案。
ちゃんもも◎は「自分が23歳の新入社員で、相手は30代前半の上司。仕事が終わったあと赤提灯的な居酒屋で仕事の悩みを聞いてもらう。その日の雰囲気でチョコを渡すか渡さないか、終電に乗るか乗らないかを決める。チョコと一緒に私を持って帰ってもらう!」と大人なバレンタインシチュエーションを妄想。

DSCN1020

永原真夏は「お互い56歳で熟年夫婦。男と女ってよりパートナーな関係で10年くらいバレンタインを意識した生活をしていない。もうバレンタインも終わるっていう23時59分に10年ぶりにチョコあげるの!」と、56歳という異例の設定に共感出来ずポイントは低め。

DSCN1076

スパイク・小川は「中学3年の設定で、好きな相手は幼なじみの野球部。彼は全く私の気持ちに気づいてないの。『今日バレンタインだぞ! 俺にチョコくれよ!』『ないってば!』とふざけたやりとりを何度か繰り返して、本命って書いてあるチョコを投げるの。そしたら相手がハッてなる!」永原同様タイムスリップ設定を語ってくれたが、南波が個人的に野球部が怖いイメージがあるということで最低ポイントをたたき出す。

スパイク・松浦は「1月末にクリエイターの3歳下くらいの彼から告白される。そこで返答せず、年下の彼なんか作っていいんだろうかっていう色んなプレッシャーに葛藤してたら気づけばバレンタイン。バレンタイン当日、『松浦さんから結局なんにもないや……』って諦めるだろう21時頃に連絡して飲みにいく。バルに行くわけ、バルに。そこでチョコを渡すんだけど、『いいんですか! 貰っちゃって! って、義理か……』『本命だよ。告白してくれてありがとう!』って返事して付き合う」と、ものすごい圧で語るも、肝心の南波が全然話を聞いていないと指摘される。しかし、スパイク・松浦の妄想への熱量が伝わり最高の6ポイント。チョコはスパイク・松浦のもとへと渡った。

次のコーナーは「女子コレのコレが正解」。世の中の様々なところで議論されているも、答えが出ていない事をここで解決していくコーナー。今回は本日のテーマに沿って、バレンタインデーの本命チョコ、義理チョコ、友チョコの3つそれぞれへのお返しの正解を女子コレメンバーに決めてもらう。

DSCN1096

本命のお返しに最も多かった解答は既製品のチョコを貰った場合は「ディナー」。ディナー+花束、ナイトクルージングなどの意見もあった。手作りの本命チョコを貰った場合は、永原の解答まさかの「犬」が採用された。本命の手作りチョコを貰った男性陣は是非とも「犬」を女性にプレゼントして欲しい。

義理チョコのお返しには解答も様々。あげたもの相応のお菓子、ハンドクリームなどなど。最も全員がうなずいたのは「スターバックスのギフト券」。全員が口を揃えて「これを貰って嬉しくない人はいない。」と発言。一方、既製品の義理チョコには「返さなくていい」との声が多数あがる。手作り義理チョコには「スターバックスのギフト券」、既製品の義理チョコには「返さない」という切り捨てる気持ちでホワイトデーに挑もう。スパイク・松浦が、SMAPの木村拓哉はホワイトデーにはTバックなどのパンティーをプレゼントするというエピソードを話してくれたが決して一般男性は真似しないで欲しい。

DSCN1273

そして、友チョコへは一気にみんなでチョコフォンデュ、駄菓子、手作りのクッキーを配りまくる。親友や後輩へのプレゼントへは使い捨てカメラ、花束、ランチをおごってあげるなど誰もが絶対に嬉しい意見が出た。

大いにバレンタインについて語られた今回の女子コレクティブ。男性も女性も参考になったのではないだろうか。女子コレメンバーが「みんなでれんちゃそを喜ばせる、笑顔にさせる企画しよう。」と提案。次回は、古関の笑顔を見れるのか!? 乞うご期待。

こころ (CD+DVD)
こころ (CD+DVD)
posted with amazlet at 15.02.21
SEBASTIAN X
ONECIRCLE (2015-03-11)
売り上げランキング: 27,163
南波志帆

南波志帆

プロデューサー矢野博康との出会いを機に、自分の個性的な声を最大限に活かせるシンガーとしての道を歩むことを決意。
2009年96月にメジャーデビュー・ミニアルバム『ごめんね、私。』をポニーキャニオンよりリリース。彼女の凛としたすがすがしいたたずまい、まっすぐで存在感のある歌声は数多くのミュージシャンとクリエイターを魅了し、今後の動向に注目が集まっている。

ちゃんもも◎

ちゃんもも◎

作家・タレント。 アイドルグループ「バンドじゃないもん!」で天照大桃子として活動。 インターネットカルチャーから派生したニューカルチャー「seapunk」を国内に広めた一人。思想・哲学が深く、文学的な才能が ある一方で、自らが代表を務める現代アート集団「渋家(SHIBUHOUSE)」では様々なアート活動での限界に挑戦し続ける。 テレビ、雑誌、ラジオ、イベント出演などで活動する一方で、ファッションショー等にも出演するなどマルチに活躍している。

永原真夏

永原真夏

SEBASTIAN Xのボーカル。SEBASTIAN Xの作詞/作曲を手掛ける。また、ジャケット/グッズなど、SEBASTIAN Xにまつわるほぼ全てのアートワークも 手掛けている。また、近年は映画監督デビュー/詩集の出版など音楽にマルチな活動を行なう。活動の合間を縫って、高円寺の古着屋 「光」店頭にも立っている。

古関れん

古関れん

CHOKiCHOKi girlsを中心に多数の女性ファッション誌で活躍中の人気モデル。可愛いらしい見た目からは想像できない発言や実はサブカル色の強い趣味を持つ等 個性的な一面もあり、十代の女の子からカリスマ的な支持を集める「新世代のこじらせ系女子代表」!!

1995年5月10日 生まれ
東京都出身
身長:157cm
特技:自撮り
趣味:ヴィレヴァンで買い物・読書

スパイク

スパイク

左:松浦 志穂 / 右:小川 暖奈
およそ6歳差の歳の差コンビ。顔もテンションも騒がしいツッコミの松浦と、いつもふわふわしている平成生まれのボケの小川。外見も性格も正反対の二人が漫才ではその性格を活かしながら、小川が松浦を振りまわします。元気いっぱい!体も張ります!