特集

工藤大輝(Da-iCE)の「ダンスアルティマニア」
~vol.1 乃木坂46『制服のマネキン』からみる「振付≠ダンス」~

どんな形であれ人前でパフォーマンスをする以上は常にスキルを磨き続けなければならない。
とは言え上手くなったからと言って人気を得られるかと言えば、わからない。

そんな矛盾と日々戦っているアイドル。

握手会対応やメディア露出などなど、他の要素も大切なのは承知のうえ、ここではグループの名刺とも言えるミュージックビデオをもとに、様々な角度から僕なりの目線で作品における踊りについて解説していきます。


第1回「乃木坂46 / 制服のマネキン」

やはりまずは不変の一番推しグループを記念すべき最初の回にやらせていただきたい! 人生初の連載! ここで語らねば来世まで後悔する! と言う事で皆さんよろしくお願い致します。

さて、現在ミュージックビデオのYoutube再生回数は1000万回を超え、ライブでも最強の飛び道具的な代表曲と言っても過言ではない『制服のマネキン』。個人的には僕が乃木坂さんにハマるきっかけになった思い出の楽曲でもあります。

厳密に言うとマネキンを経て、その後にリリースされた『君の名は希望』によって完全ノックアウトされた感じです。全く違う種類の武器で弱点二箇所連続攻撃されたような隙のない超戦略的リリース。このどちらかの楽曲から好きになったと言う人もきっと多いはず!

そしてこの時から既に僕は作曲家の杉山勝彦さん推しで、以降現在に至るまで杉山さん制作楽曲に一切のハズレ無し! グループのポテンシャルを何倍にも高められる作家さんとはそうそう簡単に巡り会えるものではないのです。相性もありますしね。そんな『制服のマネキン』のMVを初めて観た時、後頭部を思いきり鈍器で殴られたような……そんな衝撃に襲われたのを覚えています。

今になっても忘れられません。
第一印象は全てがミスマッチ。
その後に思い知るんですよね。
それが絶妙なバランスだったんだと言う事に。

聴けば聴くほどに癖になる楽曲、今までのアイドル像に一石を投じた歌詞、そして違和感を覚えるほどに特殊且つキャッチーな振付。

MVを観て最初に目を奪われたのは動きの構成です。イントロのグループ分割から颯爽と現れる生駒里奈さん、生田絵梨花さん、星野みなみさんら生生星。キリッとした空気感で一気にこの曲の世界観に引き込まれます。大人数ならではの魅せ方をしっかりと押さえつつAメロ序盤でのシンプル且つ独特な音の取り方。生生星の3人と前後入れ替えで前に出てくるお姉様たちによって一気に見え方が変わっていくのも分かりやすく、体育館なのに照明がレーザーと言うのもかなり攻めています。そして1サビ前の生駒さんの凛々しさたるや! カッコ良すぎます!

間奏での横列によるカノン(※用語1)も曲終わりのシンメトリーに傾くだけの振付もシンプルではあるけれど大人数であるからこそ尚よく映える。振付は細かく複雑にすれば良く見える訳じゃない。大人数では特に遠目から見た時にごちゃついてしまう可能性が高いので。

このように当時賛否両論あった振付が良い意味で予定調和を崩していて、結果的に作品としての完成度をグッと押し上げる事になったのではないでしょうか。

ただ、ここで伝えたいのはシンプル=簡単ではないと言う事。

サビ後半の振付では「Locking(※用語2)」と言うジャンルの「Get down(※ 用語3)」を彷彿とさせる、フロアに入る振付が入っています。この部分の振付は全国ツアーや大会場のイベントなどで構成が特殊になったりハンドマイク使用の場合を除いて、数多のTV番組でも忠実に再現していました。簡単そうにやってますが、ハンドじゃなくてヘッドセットでも十分難易度高いです。尊敬。

その他にも「New Jack Swing(※用語4)」を取り入れたAメロの振付だったり、片足を顔の前に思いっきり蹴り上げたり(スカートなのに)、あぐらを組んで座ったり(スカートなのに)と、随所に難易度の高い動きを入れつつ、Aメロ・ Bメロ・サビ全てにキャッチーで真似しやすい……いや、真似したくなる! そんな動きが散りばめられています。

カッコいい「ダンス」も大切ですが、印象に残る「振付」にも大きな意味があります。流石の南流石先生です。

そして忘れてはならない随所に挟まれている決めポーズ。今でも僕の中で乃木坂さんを代表する決めポーズと言えば、まさしく『制服のマネキン』でやる、フレミングの法則を顔に近づけるような“マネキンポーズ”です。

キャッチー一辺倒で分かりやすく作り過ぎても飽きますが、キャッチとなる動きがある楽曲は数曲に一曲は欲しいなぁと思ってしまうのが振付好きなファンの心理。勿論『命は美しい』のような最っ初から最後までカッコいい振付も大好きですけどね!

難しさよりも「らしさ」の光る振付を。

と言う事で、今回はこの辺で終了です。最後までお付き合い下さってありがとうございました。次回も楽しみにしていただけると幸いです。

したっけ。

乃木坂46『制服のマネキン』
可愛さよりも印象重視、様々なダンスジャンルの小技と繰り返されるポージングが秀逸な振付。

用語解説
1 カノン:拍をズラして動くこと
2 Locking:鍵をかけるようにピタッと止まる動き
3 Get Down:足を前後に開きハードルを跨ぐような姿勢で床に伏せる動き
4 New Jack Swing:ステップを中心とした1980年代から流行しているダンススタイルの一つ


Edit:石井龍(2.5D)

工藤大輝

工藤大輝

1987年6月28日生まれ。B型。 Da-iCEのリーダー。作詞作曲も手がけるなど、多彩な才能を持つ。 アイドル、ファッション、アニメ好きとしても有名。
Da-iCE
2014年1月メジャーデビュー。工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯による、5人組ボーカル&ダンスグループ。1月6日には2nd album「EVERY SEASON」をリリース。そして、2015年11月からは全国TOUR「Da-iCE Live House Tour 2015-2016 -PHASE 4 HELLO-」が開催中。