特集

ミリオンドールpresents「オタクの不都合な心境」
~vol.5 “プティパ-petit pas!-”の真中のぞみちゃんの謎の魅力に釣られた話~

先日行った現場で、アイドルの子たちが原宿のラフォーレミュージアムでランウェイを歩くというイベントを拝見させていただきました。
緊張が見える子、拙くもやりきる子、バイバイをする余裕がある子、モデル経験のある子の立派なウォーキングなど、それぞれの子の個性をいつもと違ったかたちで目にすることができる面白い企画でした。
そんな中、ターンもポージングもせず、パニクった様子でなんとかピースのようなものをし、最後のポーズも忘れて「もう無理です~」という表情のまま、へこへこ頭を下げながらランウェイを後にして、会場の爆笑を買った子がいました。
それが“プティパ-petit pas!-”の真中のぞみちゃんでした。

clm_ai5_01

その後プティパのライブステージも拝見しましたが、丸っこくて愛嬌のある童顔でアイドルらしい顔だちとは裏腹に、アイドルの中では高い身長と長い手足で、ものすごくゆるい振付をこなしている姿に強烈な個性を感じました。
ゆるいのが魅力な子なのかなと思っていたら、彼女のパートでの歌唱はかなり声も出てて、しかも歌がうまかったのです。
このアンバランスな魅力は一体なんなんでしょうか。

同じメンバーのすずちゃんやこころちゃんが割とマジメにしっかりパフォーマンスをやるタイプなので、一番背の高いのぞみちゃんのゆるさは非常に強烈でした。
すずちゃんやこころちゃんが目線をお客さんに配ったり、振りで決まった視線の位置を守っている半面、のぞみちゃんはどこかの虚空を見つめています。
力強く歌いながら視線がどこか謎の空間を見つめているので、我々オタクには見えない何かを見ているのかもしれません。

真中のぞみちゃんの謎の魅力と強烈な個性が気になってしまったので、今後もぜひチェックしていきたいです。
そんな彼女はミスiD2016にエントリー中なので、気になった方は一緒に推していきましょう!

※本コラムの内容につきましては、執筆された当時のまま掲載しています。

「ミリオンドール」関連情報
「ミリオンドール」をGANMA!で読んでみる
「ミリオンドール」単行本紹介ページへ
「ミリオンドール」アニメ公式ページへ
藍

スマホアプリGANMA!で連載中のWEB漫画家です。現在アイドルオタクを題材にした作品「ミリオンドール」を連載中。現場系でDDなガチヲタです。TOKYO IDOLさんとコラボできてオタクとして大変光栄です。 オタ遍歴:90年代声優→ハロオタ→AKBオタ→DDへ突入/BiS、女子流、KPOP、AeLL.等→新生TPD→Flower