特集

TOKYO IDOL PROJECT クリエイターズふぁいる
~嶺脇育夫インタビュー~

日々新たなヒロインが誕生し切磋琢磨するアイドルシーンにおいて、活躍する彼女たちに光を宿してゆくクリエイターたちへのインタビュー企画「クリエイターズふぁいる」。
今回は、タワーレコード代表取締役社長であり、アイドル専門のレコードレーベル「T-Palette Records」を立ち上げた嶺脇育夫さんにご登場いただきました。地方アイドルが日本中にファンを抱える存在になるまで、背中を押し続けている嶺脇さんのアイドルへの思いを伺いました。

Interview:エドボル
Text:TOKYO IDOL編集部

feat_minewaki_01_680

【賛否両論? タワーレコードが発信するアイドル専門レーベルT-Palette Recordsとは】

レコードショップであるタワーレコードで「T-Palette Records」というレーベルを立ち上げた理由を教えてください。

嶺脇育夫(以下、嶺脇):理由としては、僕ではなく現場スタッフの声がきっかけなんです。なかなかCDが売れない時代になってきているので、レーベルを設立して自らで作って売っていくことにチャレンジしたらどうか、という提案がありました。そんな中、「アイドルをやりたい!」という声があったんですよね。僕が、社内で「アイドルは大変だよね」って話をしたときも、現場がけっこう食い下がってきて。「社長、あえてやるとしたらどんなグループがいいですかね」とか固有名詞を引き出そうとしてきたんですよ。その時に僕が最初に出した名前がNegiccoでした。彼女たちは、良い音楽をやっているのに売っているのはCD-Rで、それは現場に行かないと買えない。全国流通させたいと思っていたので「レーベルをやるならNegiccoじゃないか」と話をしたら、現場が勝手に直接連絡してしまって(笑)。

すごい行動力ですね(笑)。

嶺脇:そうなんです。なので、交渉の場に僕は不在でした。うちのスタッフとその部の部長が話をして決まったという流れで。だから、僕が「アイドル好きではじめました!」という感じではなく、現場がやりたいと言っていたことに対して「まぁ、決まってしまったらしょうがない」みたいな感じでスタートしました(笑)。Negiccoのメンバーも「タワーレコードに行くよ」ってマネージャーさんに言われて、挨拶しに行くだけだと思っていたら、突然「タワーレコードからCD出すよ!」と言われて本人たちもびっくりしたと言っていましたね。

そこからLinQ、しず風&絆~KIZUNA~、キャラメルリボンと、基本的に東京以外の地域で活動するアイドルを抱えてプロモーションをしていると思いますが、地方のローカルアイドルに焦点を当てたきっかけは?

嶺脇:きっかけは、やっぱりNegiccoだったと思いますね。知る人ぞ知るアイドルだったので、うちが彼女達と手を組むと言ったときの反響がすごく大きくて。そこで、もしかしたら僕らが協力することで、一部でしか知られていないグループが多くの人に知ってもらうきっかけになれるのかなと思いました。そう考えたときに、ふと地方を見渡したら、良いグループなのに全く東京で紹介されていないグループが多かったんです。

LinQも偶然インターネットで動画を見たのが出会いです。福岡に行ってみたらCDを手売りしているんですよね。それなら、僕らがお手伝いして全国に紹介できるんじゃないか、と。それはしず風&絆~KIZUNA~もそうだし、キャラメルリボンもそうですね。僕たちが、そこをちょっとお手伝いするということで、彼女らが成功するきっかけになればいいなという思いと、ローカルアイドルが多いとレーベルのカラーになると思ってやってきました。

dic_negiccoNegicco

ちょうど世間でもローカルアイドル的な存在にすごく注目が集まってきた時期でしたが、社長から見て各地のローカルアイドルはどう見えていましたか?

嶺脇:実はAKB48さんのブレイクがあったからこそ地方に目が向いたというところがあります。その時は全国各地に「ミニAKB」のようなグループがどんどん出始めたころなんですね。衣装も曲調もすごいAKBさんっぽくてチェックのスカートとかね(笑)。 国民的アイドルが出てくると、モーニング娘。さんが出てきた時と同じように、地方にもそれに刺激されてなのかはわかりませんが、アイドルが出てくるんですよね。

その中でも、Negiccoやしず風&絆~KIZUNA~やLinQは変わり種だと思いました。今は逆におのおの自由に、「これアイドルって呼んでいいの?」っていうおかしな音楽をやっているグループだったり、「アイドルってなんだろう?」と疑問が出るようなグループも全国にいっぱいいますよね。地方だけでなく東京でも、例えばBiSさんとか東京女子流さんなどが当時メディアに出て来て、彼女たちに影響を受けたグループがどんどん地方に増えてきて音楽が多様化していった。今、そういう流れがピークにあるのかなと感じます。

dic_shizukaze-680しず風&絆~KIZUNA~

【アイドルとレコードショップの関係】

アイドル主体のレーベルを始める以前と以後で、例えばネット上でのタワーレコードとしての評価って変わっていたりしますか?

嶺脇:多分いろんな人がいて、喜んでいる人もいれば、なんだよと思っている人もいますよね。ただ、タワーレコードのアイドルということで反発があったり、企業イメージが悪くなるっていうのは無かったと思います。社内的にはあったかもしれないけどね(笑)。社内で大きく変わったのは、アイドルが好きでタワレコで働きたいっていうスタッフさんが増えましたね(笑)。モーヲタの人とか、エビ中が好きとか。あとびっくりしたのが、うちのスタッフとBerryz工房のファンクラブツアーで一緒になったっていう(笑)。もう”アイドル好き”っていうのはたぶん、レーベルを始めた当時と今じゃぜんぜん違うと思うんですよね。最初の頃は多少反感もあったと思いますけど、今はタワーがアイドルをやっているのも普通なことになっていると思います。

タワーさんがやることによって世間の人たちの目が変わったのかもしれないですね。「あ、いいんだ!」っていう感覚はすごく生まれたように感じます。

嶺脇:Negiccoとかバニラビーンズが好きで来てくれる方の中には、バンドとT-Palette Recordsしか聴かないっていう人もいるんですよね。感覚的に、Negiccoの曲はアイドルソングを作ろうと思って作ってはいないんです。インディーズとかライブハウスでがんばっているバンドをアレンジャーとして呼んだりしている点でいうと、バンド好きの人にも聴いてもらえたらいいなという事と、裾野を広げていきたいという気持ちがあります。バンドが好きでアイドルを聴いてみたら意外に良いなと思ってる人って、現場に来てみてメンバーと握手をするとだいたい「落ちちゃう」んです(笑)。すぐファンになってしまう。連れてくるまでが大変ですけれど。色んな音楽を聴く人たちがアイドルを聴くという選択肢が今は普通に出来ているので、会社としては良かったかなと思います。

dic_vanillabeans-680バニラビーンズ

T-Palette Recordsを始動してから、南波一海さんの番組であったりとか、ご自身も配信などで露出する機会も増えましたよね。

嶺脇:南波さんの配信番組はもう3年目になりましたが、コンセプトが「タワレコに売ってない音源をかける」っていうわけのわからないもので(笑)。「レコード屋に置いてない」という価値をWebで配信することで、逆にまたレコ屋に行ってみようかなという気にさせるのかなと。実際に僕は配信で初めて知って扱い出したタイトルがすごく多いです。マニアでハードコアな人しか見てないですけど、そのハードコアな人たちに刺されば、確実に売れますね。まだそれほど大きなビジネスにはなっていないですけど、コンピレーションを出してもそこそこ売れています。

ローカルでわけわかんないことをやっているアイドルを紹介してそこに注目してくれればいいし、またそれを僕らが扱うことによって、CDショップに買いに行こうって思ってもらえるようにしていきたい。CD-Rしか出していないようなアイドルソングを紹介していると、普通のCDより価値が高く感じてしまうんです。プレスしたCDより本人たちが焼いたCD-Rの方が価値が高いんじゃないのかなっていう(笑)。CD-Rを1枚2,000円くらいで売ってもいいのかなと思ったりするんですね。そういうのを面白おかしく紹介して、もっと現場を面白くしたいですね。まだ影響力は小さいですけど、インターネットとかSNSを使ってゲリラ的にやっていければと思います。

T-Palette Records

T-Palette Records

タワーレコードが発信するアイドル専門レーベルです。パレットとは文字通り、絵の具を溶き、混ぜ合わせ、自分が目指す色合いに調合する場所。タワーレコードをパレットとして、様々な色鮮やかな色を持つアイドルを発掘、タワーレコードならでの“音”に拘った作品を、独自の視点、マーケティングによりリリースし、お客様にもっとも近い店頭やオンラインでの様々な活動を通し、アイドル・ファンのみならず全ての音楽ファンの皆様に新しいj-popシーンをお届けしてまいりたいと考えています。

youthsource records

youthsource records

タワーレコードが、T-Palette Recordsに次ぐ新たなアイドル専門レーベルとして設立を発表した「youthsource records(読み:ユースソースレコード)」。 音楽的な個性を持ったアイドルや、若く可能性を大きく持ったアイドルの発信源となるべく、新人・若手アイドルを中心に多種多様なアイドルを輩出していく。「T-Palette Records」に「追いつけ! 追い越せ!」とばかりに勢いのある若手アイドルのCDをリリースする予定。第一弾アイドルとして参加するのは、山梨を拠点に活動をしているPeach sugar snow(ピーチシュガースノー)、数々の女性モデル、タレント、女優が在籍するエイジアプロモーションが送りだすアイドルグループ、Devil ANTHEM.(デビルアンセム)、ソロアイドルとなる上月せれな(こうづきせれな)の3組。