特集

~ 「シブカル祭。2013」女子対談 ~
竹中夏海 × 南波志帆 × バニラビーンズ

女性クリエイターをフィーチャーする渋谷パルコ主催のイベント「シブカル祭。」。今年で3回目となるこのイベントにはクリエイターだけではなく、アーティスト、アイドル、DJといった様々なジャンルで活躍する女性が集結し10日間に渡って多種多様な催し物が行われる。

今回FEATUREでは”振り付け師”の竹中夏海、”シンガー”の南波志帆、”アイドルユニット”のバニラビーンズを迎え「シブカル祭。」についてはもちろんのこと、渋谷のイメージ、女性目線から見る「全力女子」について等の話を伺った。


Interview:結城紫雄(2.5D)/ Edit:鈴木美陽(2.5D)


今回「シブカル祭2013。」にご出演されるということで集まって頂いたのですが、以前から親交があるとお聞きしました。

南波志帆:バニラビーンズさんとは、私が高校生の頃に”対バンライブ”で共演させて頂いているんです。

竹中夏海:そんな前から知り合いなんだ!

南波志帆:そうなんですよ。初めてお会いした時に、「こんなに美しい人がいるんだ……」と思いました。清楚でおしゃれなだけでなく、しかも優しいお姉さんなんですよ。

バニラビーンズ・リサ(以下:リサ):褒められてる(笑)。嬉しいね!

バニラビーンズ・レナ(以下:レナ):私はその”対バンライブ”で会う前に、ネットとかで下調べをしていたんです(笑)。「南波志帆ちゃんってどんな子なんだろう」って。もしかしたら「新しいアイドルなのかな」って。最初お会いしたときに、「”ハロプロ”の方ですよね?」と聞いてしまって、凄く恥ずかしかったです(笑)。

竹中さんは南波さんの振り付けを担当されているんですよね?

竹中夏海:そうなんですよ! 昨年末から今までで、10曲ぐらい担当しているかな。

南波志帆:先生にはお世話になっています! 先生とお会いしたのは、ちょうど去年の「シブカル祭。」の頃なんですよ。

竹中夏海:そうそう! 1年後にこうやって「シブカル祭。」で共演できるなんて思ってもいなかったです。

「シブカル祭。」の開催地「渋谷」に対するイメージをお聞かせ下さい。

レナ:実は昔、渋谷の街を歩けば、芸能界デビューできると思っていたので、「スカウトされたいな」と思いながら歩いていたことありました。

竹中夏海:渋谷ってそういう夢がみられる街みたいなイメージあるよね、”アメリカンドリーム”みたいな感じ(笑)。チャンスが無数に転がっているように思えますね。私の教え子のPASSPO☆というアイドルグループの子たちも、9割が「渋谷109」前でスカウトされているんですよ!

一同:えー! そうだったんだ!

南波志帆:あと、自分から「なにかを発信したい」という気持ちを持っている人が多いと思うんですよね。ファッションにしても生き方にしても。混沌としている街中にも関わらず、己を貫いている人が多いイメージですね。

リサ:渋谷は慣れ親しんだ街なので、来ると安心しますね。自分の庭みたいな街だから(笑)。

一同:かっこいい!


1 2 3Next
竹中夏海

竹中夏海

1984.6.10生 埼玉県出身 AB型
趣味:大江戸線の駅巡り
好きな食べ物:タレご飯・美少女

OFFICIAL SITE:http://ameblo.jp/takenakanaketa/

南波志帆

南波志帆

2010年にミニアルバム『ごめんね、私。』でメジャーデビュー。 “マジック・ヴォイス”と表現される、ゆるふわかつフレッシュで、透明感ある歌声が注目を集め、YUKI、秦 基博、サカナクションなど、気鋭のミュージシャンたちから楽曲提供を受ける。そして、軸となる音楽活動に加え、番組MC、ナレーションを担当するなど多方面で活躍の場を広げている。 彼女の凛としたすがすがしいたたずまい、まっすぐで存在感のある歌声は数多くのミュージシャンとクリエイターを魅了し、今後の動向に注目が集まっている。

OFFICIAL SITE:http://www.nanbashiho.com/
Twitter(アカウント):@nanba44
Bubbly (アカウント):@nanba44

バニラビーンズ

バニラビーンズ

北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気 を持つ“オシャレ系ガールズユニット”。 数々のユニークなプロモーションを行なう“実験型アイドル”でもある一方で、ビジュアルとサウンドは一流クリエーター達の手によって徹底的にオシャレに作られており、アーティストや有名クリエーター達からの支持も厚い。また抜群のトーク力と、“アイドルオタク”と“リアルセレブ”というメンバー2人の持ち味を生かし、テレビ、ラジオ、WEB等 でレギュラー番組を持つ。 2011年6月、徳間ジャパンコミュニケーションズから、タワーレコードの新レーベル「T-Palette Records」にレンタル移籍し、通産2枚目のオリジナルフルアルバム「バニラ ビーンズII」をリリース。2012年には「トキノカケラ」「チョコ ミントフレーバータイム」「ノンセクション」と立て続けにシン グルをリリース。11月7日に、3枚目のオリジナルアルバム 「バニラビーンズIII」をリリース。また2012年10月3日には デビュー5周年を迎え、5周年特別企画として、バンドとの 対バンイベントの開催を発表。これまでに、バンドじゃない もん!、7!!(セブンウップス)、カジヒデキ、野宮真貴、ザ・コレクターズとの対バンを実施。2013年5月にはカジヒデキプロデュースの「マスカット・スロープ・ラブ」を発売。

OFFICIAL SITE: http://www.flowerlabel.jp/vanillabeans/