東京女子流主演映画、特報映像解禁&映画の裏側を語ったイベンレポート公開



2014年1月21日、ソーシャルTV局「2.5D」より生放送が行われた2.5Dレギュラー番組『MARQing』。その第二回に、3月8日に初主演映画「5つ数えれば君の夢」公開を控えるガールズ・ダンス&ボーカルユニット「東京女子流」が登場した。新進気鋭の女性監督・山戸結希監督の作品に体当たりで挑戦した5人に、クランクアップしたばかりの映画撮影の裏話、演技の見どころ、作品の魅力について語っていただいた。

今回が、本格的な映画初挑戦となる5人。劇中でモダンダンスに取り組んだ新井ひとみは、「撮影は楽しかったですけど、劇中のダンスが、今の女子流のものとは全く違うものだったので難しかったです」と撮影の苦労を語りつつ、「お弁当が毎日種類が違ったんですけど、一番美味しかったのが銀だら!脂が乗っていて最高なんですよね」と密かな楽しみを明かした。

SNSでも話題となった“女子校カーストの最高位”という難しい役柄は庄司芽生。メンバー全員一致で「印象に残った」と答えたその個性的なメイクには、「一人だけメイク時間がめっちゃ長くて(笑)。毎回落とすのが大変でした」と苦笑しつつも、「(メイクを)変えると、違う自分っていう感じはします。普段はあまりメイクをしないこともあって、役に入りやすかったですね」と女優魂の片鱗を見せた。



女優といえば、全員が舌を巻いたのが中江友梨の暗記力だ。「私の台詞には“白昼夢”とか、“覆水盆”とか難しい言葉がたくさん出てきたんです。意味も理解して頑張りました。長台詞もありましたよ!」と語る中江、かけあいのシーンではなんと相手役の台詞まで記憶して撮影に臨んだとか。

また、撮影現場に持参した手作りクッキーがメンバー・スタッフ共に大好評だった小西彩乃。映画の役でも甘いもの好きのキャラクターを演じているが、「休憩中に友梨とお菓子を食べたことが印象に残ってます」とコメント。庄司と二人のシーンでは「床が冷たすぎて、寝転んだ時に思わず叫んでしまいました」と過酷な撮影について語ってくれた。

そして、“命の次に大事な前髪”を初めて上げての撮影となったリーダー・山邊未夢。自らこの髪型を“過酷な試練”と例えながらも、「最初はキャラクターの性格も馴染めなかったけど、徐々に好きになってきた」と明かした。

また、昨日の『MARQing』内で限定公開された「5つ数えれば君の夢」特報映像が、映画ティザーサイトにて1月22日15時ごろより公開予定。五人の異なる、そして新しい魅力が凝縮された映像となっているため、生放送を見逃した人も必見。

山戸結希 監督作品「5つ数えれば君の夢」
2014年3月8日(土)シネマライズほか全国順次公開
http://5yume.jp

東京女子流
山邊未夢、新井ひとみ、庄司芽生、小西彩乃、中江友梨
大和田健介、栁俊太郎、渡辺佑太朗
平野鈴、椿かおり、上埜すみれ
内田春菊

監督・脚本・編集:山戸結希
音楽:Vampillia
主題歌:「月の気まぐれ」
作詞・作曲・編曲:きくお
歌:東京女子流

Partition Love (SINGLE+DVD) (TYPE-A)
東京女子流
avex trax (2014-02-12)
売り上げランキング: 1,149