イラストレーターredjuice、初画集『REDBOX』を刊行!


supercell「ワールドイズマイン」のイメージイラスト、livetune『Re:package』ジャケットイラスト、TVアニメ『ギルティクラウン』キャラクター原案、長谷敏司さんの小説「BEATLESS」のイラストなどの代表作を持つイラストレーター・redjuiceが初公式画集を刊行した。

redjuiceは2007年より商業デビューしたイラストレーター。冷蔵設備の設計施行やメンテナンスなどの仕事を行い、そこから独立して会社設立、Webデザイナーとして働いていたという特殊な出自を持っている。その後、音楽家のryoさんを中心としたクリエイター集団・supercellのメンバーになり、楽曲のイメージイラストなどを担当し、ニコニコ動画やpixivといったSNSでも頭角を現している。

流麗なキャラクターの造形はもちろんのこと、3DCGを組み合わせた作画も特徴的で、たくさんのフォロワーを生み出している。2011年にはTVアニメ『ギルティクラウン』のキャラクター原案を行い、さらに広く注目されるようになった。

ついに発売される公式画集では、商業や同人誌に発表していた作品を合わせ、全100点以上のイラストを収録予定となっている。デザインを担当するのは『ILLUSTRATION 2013』『竹画廊画集』でもカバーデザイン・アートディレクションをてがけた有馬トモユキ。2000年代-2010年代のイラストシーンを牽引してきたredjuiceさんの公式画集はぜひチェックしておきたい。

redjuice画集 REDBOX (イラスト・画集)
redjuice
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 24,061