イラストレーター・うえむらとアサミサエがコラボレーション!

スクリーンショット 2014-09-12 16.21.43

鍵盤一つで迫力あるサウンドを奏でるシンガーソングライター・アサミサエがオリジナル楽曲「フラストレーション」のMVにて、昭和のコミックを彷彿とさせるイラストがネットを中心に話題となっているイラストレーター・うえむら氏とコラボレーション。その制作を2.5Dが行った。

今回のMVの最大の特徴は、歌詞の内容に触発され、会話しているかのように作られたうえむら氏描きおろしの言葉と、キャラクター群。「明治・大正」「昭和」「平成」「近未来」という4つの舞台を行き来し、その時代に応じて、主人公・アサミサエの衣装や言動も変化していく。

また、CMやMVのモーショングラフィックス•3DCGを手掛けている佐伯雄一郎氏が担当したリミテッド感のあるアニメーションによりイラストには息が吹き込まれ、同世代のアサミサエとうえむら氏の世界観が一層引き出された仕上がりとなっている。

うえむら氏は、前述のとおり昭和のコミックを彷彿とさせるタッチの女の子と、どこか心に響く鮮烈なセリフのイラストが人気のイラストレーター。ソーシャル画像投稿サービス・Tumblr上のブログ「寝る子がよく育った。」やイラスト投稿サイト・pixivなど、インターネットを中心に作品を発表。最近では、東京・日暮里にあるギャラリースペース・HAGISOで個展「オルタナティブ日暮里」を開催している。

アサミサエは、小柄ながらも迫力あるサウンドとエモーショナルな旋律を奏でるシンガーソングライター。
今年は大阪で開催される「MINAMI WHELL 2014」や渋谷パルコ主催の「シブカル祭。2014」など、大型のイベントにも出演が続々決定している。

アサミサエ ✕ 2.5D プロジェクトページ:http://2-5-d.jp/asamisae/

アサミサエ「フラストレーション」MV

Creative Director:針谷建二郎(ANSWR)
Movie Director :佐伯雄一郎
Character Design & Words:うえむら
Producer:宮下亮(2.5D)
Production:2.5D